パリピのマーケ部長のブログ

大手就活、営業、マーケ、出世などなど

【大企業6社通過率100%】グループディスカッションの極意

f:id:Suguru0707:20191116095205j:image

 

どうもパリピ部長です。

 

ありがたいことにブログを始めて1ヶ月で読者数が100名を超えました。本当にありがとうございます!

 

今日はFラン高校卒の私が大手企業6社のグループディスカッションで、東大、京大、早慶ばかりの中でも通過率100%だった極意をコッソリ教えたいと思います。

 

GDで面接官が見てることは?

大きくは2つで、戦略的思考とリーダーシップ。

前者は『自ら問題を発見し、論理的に分析し、問題解決に導く能力』、後者は『組織の目標達成や向上のために周囲の行動を変える力』と、僕はおもっています。

 

ここで大事なのは、別に頭の良さ、学歴は関係ない!ということです。

 

戦略的思考は、目的を常に考えてその目的を果たすための課題を自分なりに仮設でも良いから考える、その課題を解決するための案を考えること。

数学のように決まった答えがないので、自分で問いをつくり、解決する方法を考えればOKなんです。

 

よく、東大生とか慶応生が横文字使ってるだけで賢そうに見えるハロー効果がありますが、そういう最もらしいこといってる人に限って、自ら問題を発見してません。与えられた問題を解くことにのプロフェッショナルだからかもしれませんが、大事なのは目的から考えて、問題を自分で見つけ、課題解決を考える力です。

ビジネスに正解はないので、自分の仮説をいえばOKです。

 

リーダーシップについて

よく誤解してるのが、GDでよく喋ってる人=リーダーシップがあるという勘違い。

発言の量は正直全く見ていない。

 

大事なのは、組織、チームの目標を達成するために組織の行動が変わるような影響を作っているかです。みんなが間違った議論をしているときに、目的から逸れてないですか?とチームに促すのも立派なリーダーシップです。

 

面接官が見てるのは戦略的思考とリーダーシップです!これテストにでるので要暗記です。

 

GDの6つの極意

1.最初が大事

2.お題の目的を絶対忘れるな

3.全員が一方向に議論してる時はチャンス

4.自分の役割を見つける

5.周りを活かす

6.正解はないから賢い人を恐れない

 

この6つが私が常に意識していたことです。

 

1.最初が大事

これは最初にグループが集まる瞬間のことです。

なんでもいいから一番最初に何か話すこと。

※GDが始まる前を指す

GD本番でお題が難しいと中盤まで全く言葉を発しない状況が発生することもある。最初に話をしておくことで、自然と会話に入りやすくなるので、最初の瞬間を逃さないようにすること。

 

2.お題の目的を絶対忘れるな

3.全員が一方向に議論してる時はチャンス

議論が進むうちにそもそも何について話しているのかを忘れて、枝葉の部分ばかり話してしまう傾向が多い。みんなが最もらしいと思っているときは、わかりやすい打ち手の話に集中していることが多い。

円滑に議論できてるなーと思うときこそ、あれ?そとそも何について話をしているんだっけ?と目的に立ち返ること。

 

4.自分の役割を見つける

リーダーシップを発揮する上で大事。

組織の中で自分なりに貢献できそうな役割を見つける。大事なのは成果につながる役割をすること。

時間かかる係も大事だけど、せっかく時間測るのであれば時間内に最適なアウトプット出すためのタイムスケジュールを掲示した上で、時間管理するなど、成果に繋がる役割を実践しよう。

 

5.周りを活かす

議論に入れていない人がいたら議論が行き詰まっているときに、その人に振ってみよう!〜さんはどう思いますか?。話を聞いた後は、その人の意見を取り入れて今の議論に付け加えること。人を活かして、人の意見を生かせる人という印象を与えることができます。

 

6.正解はないから賢い人を恐れない

これは完全に精神論。周りが東大、京大だけだとそれだけで萎縮しちゃう。だから、割り切りが大事。GDに正解は存在しない。だから学歴は関係ない。好きに発言してOKです!賢さを競うレースではないので、自由に自分を表現してください。

 

この6つを実践して一人でも多くの人が内定を獲得できることを願っています。

 

ではでは